介護の相談はどこにする?

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、病状が安定した高齢者を対象とした施設で、
家庭に帰ることができるように、リハビリテーションを行います。

 

そして、一日でも早く家庭に帰ることができるように、
入所者の一日はリハビリ中心で、
介護も、生活介助よりも積極的に身体機能の回復に向けた
介護の工夫をすること求められます。

 

つまり、病院と自宅との中間的役割を担う施設です。

介護老人保健施設で働いている人の職種

介護老人保健施設では、施設長、事務員、支援相談員、介護職員、
看護職員、介護支援専門員、機能訓練指導員、医師、栄養士、調理員
などの職員が働いています。

 

介護老人保健施設は、設置主体の殆どが医療法人で、
病院の関連施設として開設されています。

 

そして、施設の性格からみても、医療行為と切り離す事はできず、
医師や看護師、介護職員、理学療法士、作業療法士、ケアマネージャーなどが
中心的に働いています。

介護老人保健施設で働いている人が持っている資格

介護老人保健施設で働いている人は、
社会福祉士、介護福祉士、ホームヘルパー、介護支援専門員(ケアマネジャー)、
看護師、理学療法士、作業療法士、健康運動指導士、福祉レクリエーションワーカー、
医師、栄養士・管理栄養士、調理師などの資格を持って働いています。

介護老人保健施設の施設概要

介護保険施設は、介護保険の被保険者にサービスを提供できる施設です。

 

介護老人保健施設も、介護保険施設の一つで、
介護保険施設には、このほかに介護老人福祉施設、
介護療養型医療施設があります。

 

介護老人保健施設では、病気や怪我で入院していたり、
持病がある人の病状が安定し、入院治療の必要はなくなったが、
リハビリテーションを必要とするという高齢者が対象となっています。

 

そして、利用者は、ケアマネージャーが作成した
ケアプランに基づいて利用します。

 

介護老人保健施設は、病院に入院し治療を終えた高齢者が、
自立した生活や家庭復帰を目指すための、
病院と家庭の中間施設としての位置づけである事が強調されており、
介護保険法にも、「その者の居宅における生活への
復帰をめざすものでなければならない。」と、強調されています。

 

そのため、入所期間は3〜6ヶ月が目途となっています。

 

しかし、長期入所の高齢者も増えており、
介護老人福祉施設との差が縮まっているという現状があります。

 

2005年10月以降、
利用者から居住費や食費が徴収去れるようになり、
住居に近いイメージとなりました。

 

また、殆どの介護老人保健施設では、
入所利用だけでなく、通所リハビリテーション(通所利用)や、
ショートステイ(短期利用)も行っています。

 

介護老人保健施設の入所利用では、
基本的に3〜6ヶ月間の利用ができます。

 

主に寝たきりの高齢者などに対し、
家庭復帰のためのリハビリテーション、日常生活を送るための、
必要な介護や看護が行われます。

 

介護老人保健施設の通所利用

介護老人保健施設の通所利用(通所リハビリテーション)では、
午前9時から午後4時ごろまで、ひきこもりがちな高齢者を預かり、
リハビリテーションやレクリエーション、昼食、入浴などの
サービスを提供するデイケアがあります。

 

また、認知症などが原因で、夜間に徘徊をする高齢者を預かる
ナイトケアがあります。

介護老人保健施設の短期入所

介護老人保健施設の短期入所(ショートステイ)では、
普段介護している家族が病気になったり、旅行に行くなど、
家族の事情で一時的に介護が難しいときに利用できます。

介護老人保健施設の将来

介護老人保健施設は、傷病治癒後の介護やリハビリの面からも、
期待される役割は大きくなっていくと思われます。