介護の相談はどこにする?

養護老人ホーム

養護老人ホームは、経済的な理由で、
自宅で生活するのが難しい65歳以上の高齢者に、
安心して生活を送ってもらうための入所施設です。

養護老人ホームで働いている職種

養護老人ホームでは、
施設長、事務員、生活相談員、支援員、介護職員、看護職員、
医師、栄養士、調理員などの職種の人が働いています。

養護老人ホームで働いている人が持っている資格

養護老人ホームで働いている人は、
社会福祉士、社会福祉主事、介護福祉士、看護師、医師、栄養士、
管理栄養士、調理師などの資格を持って働いています。

養護老人ホームの施設概要

養護老人ホームは、社会的弱者のための施設で、
以前は「養老院」とか「養老ホーム」というように呼ばれていました。

 

養護老人ホームに入所することができるのは、
基本的には、日常生活が自分でできること、
65歳以上で、環境上の理由、または経済的な理由で
自宅での生活が困難な人となっています。

 

また、養護老人ホームは、介護保険での施設ではありません。

 

ですから、入所できるのは、自治体が、入所が必要だと認め、
措置決定をした人だけで、誰もが入れるわけではありません。

 

主な入所者は、介護老人福祉施設に入所するには至らない
比較的程度の軽い要介護者、精神障害、アルコール依存症などの
問題を抱えているため、家族との折り合いが悪く、家族と暮らせない人で、
一人暮らしもできないという人、
経済的に困っているという人です。

 

養護老人ホームは、生活主体の場となります。

 

そのため、全室個室になっているところも多くなりました。

養護老人ホームで働く介護職の仕事

養護老人ホームでは、施設長、事務員、生活相談員、支援員、
介護職員、看護職員、栄養士・管理栄養士、調理員、医師などが働いていますが、。
その中でも、生活指導の職員が中心を占めています。

 

養護老人ホームの生活指導員は、入所者の生活相談や指導を行うことを
主な業務としています。

 

生活指導員は、入所者の介護、日常生活を送る上での
様々なサポートを行います。

 

また、看護師は、入所者の保健衛生の指導を行い、
栄養士は、入所者の献立を作成したり、栄養指導を行うなどし、
調理員は食事つくりを業務とします。

 

さらに、入所者が高齢化し、
身体的に不自由な高齢者も多くなっていることから、
介護職員の仕事量も増え、人数の割合も増えています。

養護老人ホームの目的

養護老人ホームの施設目的は、あくまでも、
「日常生活を健康的に送ること、
そして社会復帰を目指すためのサポートをすること。」にあります。

 

ですから、何にでも手を差し伸べるのではなく、
本人ができることや、できそうなことを積極的にやってもらいます。

 

また、養護老人ホームでは、季節ごとのレクリエーション活動も行われます。

養護老人ホームの将来

近年は、養護老人ホームに80歳を越える高齢者も多くなり、
介護を必要とする人が増えています。

 

また、24時間介護が必要な入所者も増え、
実際問題、介護老人福祉施設との差がなくなっている状況があります。