介護の相談はどこにする?

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、
自宅で家族に介護してもらうことができない高齢者で、
常時介護を必要とする高齢者のための施設です。

 

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)では、
日常生活で必要な介護の全てが提供されます。

 

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)の数は、
少しずつですが増えています。

 

今後も、高齢化社会を反映し、増えていくことが予測できます。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)で働いている職種

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)では、
施設長、事務員、生活相談員、介護支援専門員、介護職員、看護職員、
機能訓練士、栄養士、調理師、医師などの職種の人が働いています。

 

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)の入所者の殆どが寝たきりや、
認知症、身体の不自由な人ですから、職員の多くは介護職です。

介護職の勤務の仕方

介護職員が募集されるときは、一般的に、
「正社員」、「契約社員」、「パート」などの雇用形態があります。

 

最近は、夜勤専任の介護職を募集している施設もあります。

 

さらには、登録し、自分が働くことができる時間だけ働くということが
可能な施設もあります。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)で働く介護職の仕事

入所者の多くは寝たきりや認知症、身体が不自由な高齢者です。

 

ですから、職員の殆どは介護職で、その介護職は、
入所者の立ったり座ったりするときの介助や食事の手助け、
入浴するときの介助、車いすを押して移動するときの介助など、
直接身体に触れて行う介護をします。

 

このような仕事をする介護職員は、「ケアワーカー」や、
「寮母・寮夫」という職名で、現場では呼ばれています。

介護職の給与

介護職員の給与は、正社員で16〜18万円というのが一般的です。

 

これに、経験や資格がプラスされたり、
夜勤などの手当が加算されます。

 

パートの場合の時間給は、800〜1000円くらいのところが多いです。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)で働いている人が持っている資格

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)で働いている人は、
社会福祉主事、社会福祉士、介護福祉士、ホームヘルパー、看護師、
介護支援専門員(ケアマネジャー)、理学療法士、作業療法士、
音楽療法士、健康運動指導士、福祉レクリエーションワーカー、
栄養士・栄養管理士、調理師、医師などの資格を持っています。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)の施設概要

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、
自力で食事を摂ったり、トイレに行くことができないなど、
自宅での介護が難しい認知症や寝たきりの65歳以上の高齢者に
入所してもらう施設で、24時間体制の介護が提供されます

 

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、
老人福祉法によって設置されている施設で、
介護保険の施設サービスの一つです。

 

入居者は、要介護1〜5に認定されている人です。

 

殆どの施設で、入所申込みが急増しており、
入所待ちの高齢者が増えているため、
要介護度や入所待ち年数、本人の生活事情などを
数値化するなどして、入所のための基準を設けている
自治体も増えています。

 

そして、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)では、
色々な介護サービスが行われますが、
なるべく自宅へ帰ってもらうことができるように努めます。

 

施設の職員が提供できる介護サービスは、
介護保険でまかなわれる介護サービスや相談援助です。

 

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、
医療を目的とした福祉施設ではないので、
常に医師や看護師の判断や処置が必要な人は、
利用することができません。

 

入所者が寝起きする部屋を「居室」と言いますが、
入所者1人あたり10.65平方メートル(約6.45畳)以上と決められています。

 

また、医務室や食堂、浴室、機能訓練質などもあり、
入所者がみんなで、介護スタッフと共に、体操など行ったりします。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)で介護職として働く場合の留意点

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)で介護職員として勤務する場合は、
24時間体制で高齢者を介護します。

 

勤務は、遅番・早番・夜勤など複雑な交代制になっていますから、
生活リズムが崩れ、体調を崩しがちになってしまいます。

 

ですから、しっかりとした自己管理が必要です。

 

また、介護老人福祉施設は、入所者が生活する場でもあります。

 

そして、介護職員のほかにも、入所者が日常生活を送るための
手助けをする様々な職員がいます。

 

これら職員のうち、どのような規模の施設であっても、
常勤で配置されなければいけないのが、生活相談員です。