介護の相談はどこにする?

入所相談

特別養護老人ホームでは、利用者と施設との間で契約し、サービスが提供されます。
入所作業がうまくいくように生活相談員が入所前から支援する必要があります。
入所は申し込み順ではなく、緊急性、必要性で判断されます。
そのため生活相談員は、主治医からの診療情報や、それまでの居宅介護支援担当者であった介護支援相談員の意見書などから判断し、適性な入所順を判断することも大切な役割です。
入所の時には、利用者に必要事項の説明を行い、新しい施設での生活を安心して向かえるよう利用者の相談業務を行います。

日常生活相談

利用者には、初めて共同生活をする方も多く、日常生活上のトラブルも多く発生します。
生活相談員は、そういった利用者の心の支えになることも大切な業務です。
生活相談員には、広い視野での観察力、専門性を持ったコミュニケーション力が必要となってきます。

関係機関との調整業務

高齢者の利用者は、多くの場合さまざまな疾患があります。
生活相談員は医療機関と連携し、利用者が安心して医療を受けられるようにします。
万が一、利用者が入院した場合、退院後の支援の準備も担います。
また、利用者家族との連絡調整、自治体などでの手続きの支援、外部機関との中間連絡役としての仕事もあります。
利用者が在宅生活が可能になれば、家族やさまざまなサービス機関と連携し、在宅復帰を支援することも大切な仕事です。