介護の相談はどこにする?

社会福祉士

ソーシャルワークの専門がこの社会福祉士です。
多くの介護保険施設や病院での相談業務を担う人は、この資格を取得しています。
介護保険施設では、生活相談員や支援相談員として配置され、日常生活上の相談や家庭復帰や社会復帰に向けた相談を受けています。
病院では医療ソーシャルワーカーとして、入院から退院までの相談にあたります。

精神保健福祉士

精神保健福祉に関する専門ソーシャルワーカーで国家資格です。
多くの精神科医療機関で配置されています。
病院だけでなく、その他の精神疾患患者や精神障害者の支援機関でも配置されています。

介護支援専門員

要介護や要支援の認定を受けた利用者に対してケアマネジメントの分野で支援を行います。介護保険制度において、なくてはならない資格です。
あくまで介護保険制度の中での支援に限定されているので、介護保険制度以外の福祉施設や事業所では勤務できません。
介護保険施設には介護支援相談員の設置が義務づけされており、施設においてのケアサービスのマネジメント業務を担っています。
介護支援相談員は、利用者や家族に対応し、相談員とは違った立場から、相談援助業務を行います。

社会福祉主事

相談業務を受けるための最低基準としての資格が、この社会福祉主事です。任用資格。
介護保険施設での相談業務にかかわるためには、原則として社会福祉主事以上の資格が必要となっています。