介護の相談はどこにする?

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションは、
自宅で生活している医療・療養が必要な高齢者のために、
看護師などを派遣し、看護を提供するサービスです。

 

そして、訪問看護は、要介護の高齢者だけでなく、
医師の指示があれば、年齢に関係なく利用することができます。

 

訪問看護ステーションで働いている人の職種は、
介護職員、看護職員、介護支援専門員、栄養士、機能訓練指導員、医師などです。

 

訪問看護ステーションで働いている人は、
介護福祉士やホームヘルパー、栄養士、保健師、助産師、理学療法士、
介護支援専門員(ケアマネジャー)、看護師、作業療法士、言語聴覚士、医師などの資格を持っています。

 

訪問看護ステーションの施設概要

訪問看護ステーションでは、住み慣れた自宅で、
医療や療養を必要とする高齢者が安心して過ごせるように、
看護師がかかりつけの医師と連絡を取り合いながら、
高齢者の自宅を訪問し、看護を提供します。

 

そして、多くの訪問看護ステーションは、
地方自治体の外郭団体や医療法人によって運営されています。

 

訪問看護の対象者は、病気や怪我などで寝たきりになっていたり、
寝たきりになる可能性がある高齢者や、
認知症がある、ターミナルケア(終末医療)が必要であるというような人、
医師の指示がある人などです。

 

訪問看護ステーションは、昼間だけ営業している事業所もありますし、
24時間体制で深夜の訪問看護サービスに対応している事業所もあります。

訪問看護ステーションのサービス内容

訪問看護ステーションでは、以下のようなサービスを提供しています。

 

・身体の世話

 

 身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導、床ずれ防止など。

 

・医療処置

 

 かかりつけの医師の指示に基づく医療処置。

 

・病状の観察

 

 病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック。

 

・医療機器の管理

 

 在宅酸素や人工呼吸器などの管理。

 

・ターミナルケア

 

 がん末期や終末期の看護や介護。

 

・在宅でのリハビリテーション

 

 関節が曲がった状態で固まってしまう「拘縮」を防ぐためのリハビリテーションや、
機能回復、嚥下機能訓練など。

 

・認知症ケア

 

 事故防止等、認知症介護の相談や認知症介護の工夫の仕方のアドバイス。

 

・家族への介護支援や相談

 

 家族への介護方法の指導や栄養相談、運動機能低下を防ぐためのアドバイス。

訪問看護ステーションで勤める場合の給料

訪問看護ステーションで勤める場合の給料は、
正看護師や准看護師によって給与に差がありますが、
概ね正看護師では、20〜30万円ほどです。

 

理学療法士や作業療法士として勤める場合は、
常勤の場合は30万円以上のところが多いですが、
殆どの理学療法士や作業療法士は、契約職員として勤めています。

 

自宅で暮らしたい高齢者は増えています。

 

そして、居宅介護も増えていますから、
訪問看護の需要も増えて行くと思われます。