介護の相談はどこにする?

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は、長期の療養を必要とする高齢者に、
介護と医療を提供する病院です。

 

介護保険で入院することができる施設ですが、
介護保険のシステムにおいては、
介護老人福祉施設→介護老人保健施設→介護療養型医療施設の順で、
医療分野に近くなります。

介護療養型医療施設で働いている人

介護療養型医療施設では、施設長、事務員、調理員、栄養士(管理栄養士)、
介護職員、介護支援専門員、看護職員、機能訓練指導員、薬剤師、
医師、歯科医師などの職種の人が働いています。

 

介護療養型医療施設は、一般の病院とは異なり、
長期療養な必要な高齢者のための入院施設でもあることから、
介護職員が多く配置されていますが、
働く人には、医療と介護の両方の知識が求められます。

 

急性期を過ぎた高齢の患者さんといっても、
医療処置が必要なため、患者さんをよく観察し、
急変を見逃さないような細心の注意が必要です。

 

介護療養型医療施設で働いている職員は、介護福祉士や栄養士、
介護支援専門員(ケアマネージャー)、看護師、准看護師、
医師、理学療法士、作業療法士、放射線技師、検査技師、薬剤師などの
資格を持っています。

介護療養型医療施設の施設概要

介護療養型医療施設は、介護保険で入院することができる医療施設で、
急性期の治療が終わり、長期の療養が必要な要介護者が入院対象となります。

 

介護療養型医療施設では、医療・療養上の管理や看護を受けることができます。