介護の相談はどこにする?

有料老人ホームで働いている人の職種

有料老人ホームでは、生活のサービスだけでなく、
介護サービスも提供されます。

 

そして、高齢者の終(つい)の棲家(すみか)としての役割も担います。

 

有料老人ホームでは、施設長、事務員、生活相談員、介護支援専門員、
介護職員、介助員、看護職員、栄養士、調理員、
介護型のホームでは作業療法士や理学療法士などが働いています。

 

施設によっては、入所者の中には介護サービスが必要ではない人もいます。

 

そのような人に対しては、生活全般のサポートが中心業務になります。

 

有料老人ホームに入所する高齢者の中には、
入居のために財産を処分してくる人も少なくありません。

 

そのホームが「終(つい)の棲家(すみか)」になる場合もあり、
ホームのスタッフは、家族同様に、尊厳を大切に接することが求められます。

 

有料老人ホームで働いている人が持っている資格には、
社会福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)、介護福祉士、看護師、
医師、栄養士などがあります。

 

有料老人ホームの施設概要

有料老人ホームは、介護保険制度では「特定施設」と呼ばれています。

 

有料老人ホームでは、生活全般のサービス
(食事、健康管理、健康相談、レクリエーションなど)や、
介護サービス(入浴介助、食事介助、通院介助など)が提供され、
提供できるサービスによって、大きく分けて3つのタイプに分類されています。

 

(1) 介護型有料老人ホーム

 

   一般的に、施設のスタッフが提供する生活サービスと介護サービスが受けられます。
   外部事業者を利用できる場合もあります。

 

(2) 住宅型有料老人ホーム

 

   生活サービスは施設のスタッフが提供し、
  介護サービスが必要な場合は、外部事業者が提供します。

 

(3) 健康型有料老人ホーム

 

   介護サービスが必要な状態になったら、契約を解除しなければなりません。

 

有料老人ホームで提供される介護サービスは、基本的に介護保険から給付されますが、
施設の運用費用は、入居者からのお金でまかなわれます。

 

そのため、入居金(入居時に支払う)が、高額な場合もありますし、
入居後は、毎月、食費・管理費・居室の光熱費・水道代・電話代などがかかります。

 

有料老人ホームには、様々なスタイルの老人ホームがありますが、
入居者に生活サービスや介護サービスを提供しているホームは、
すべて「有料老人ホーム」として届出をします。

 

軽費老人ホームは、入所の際に一定の基準があります。

 

しかし、有料老人ホームの場合は、基準がありません。
ある程度自立した生活を送ることはできるけれど、
体力的に食事の支度をしたり、掃除などの家事ができない、
一戸建ての家では、セキュリティが不安・・・
というような高齢者が、有料老人ホームに入所するケースは少なくなく、
団塊世代の高齢化に伴い、今後もしばらくは有料老人ホーム増加の傾向が
続くと予測できます。

有料老人ホームで働く介護職員の給料

有料老人ホームで、正社員の介護職として働く場合の給料は、
18〜22万円くらいのようです。

 

資格を持っているか、持っているとすれば、
どのような資格があるのか?によって給料に差がある場合も多いです。

 

パート採用の場合は、時間給で700円〜1000円くらいです。