介護の相談はどこにする?

介護保険施設の相談窓口

特別養護老人ホームが介護保険の指定事業所となったのが指定介護老人福祉施設です。
入浴や排泄、食事などの介護サービスを提供して、終末期ケアなど利用者の生活を継続的に支援してくれます。
こちらの相談窓口は、生活相談員と介護支援専門員です。
介護老人保健施設は、在宅に戻れるよう要介護者に、医療、看護、介護、リハビリのサービスを提供します。
こちらも、支援相談員と介護支援専門員は相談を受けてくれます。
指定介護療養型医療施設では、介護保険施設の中でも、医療的な管理を必要としている要介護者を対象に、療養上の管理、看護、医学的管理に基づいた介護、リハビリなどを行います。
こちらの相談は、介護支援専門員が行います。

 

軽費老人ホームや有料老人ホームなどの施設入居者に対して、介護事業所の指定を受け介護サービスを提供する「特定施設入居者生活介護」では、生活相談員と介護支援相談員が相談を受けてくれます。

 

相談業務を行う生活相談員が配置される施設には、養護老人ホーム、軽費老人ホームなどがあります。
利用者は体的には自立できているか、介護が必要であっても軽度の状態の方向けで、環境的に在宅での生活が難しくなった場合に利用する施設とされています。

 

医療機関での介護の相談は、医療ソーシャルワーカー(MSW)と精神科ソーシャルワーカー(PSW)です。
療養が終了してもM疾病以外の理由で退院できない患者への支援が必要となってきました。
その支援に対応してくれるのが、このソーシャルワーカーです。